先輩インタビュー

言語聴覚士

人とは違うことをしたい、面白いことがしたい

田中 詩織 たなか しおり

言語聴覚士

  • 平成27年4月入社
  • 趣味・ぶらぶらすること

おしえて!先輩!Q & A

今のお仕事を選ばれたきっかけは何?。

人の役に立てる仕事がしたいと思っていました。自分の祖父が脳梗塞になったときに言語聴覚士という職業を知り、当時の担任の先生からも「人と会話することが好きなあなたに向いている」と背中を押してもらい、言語聴覚士を目指しました。

みんなの歯医者さんで働こうと思ったきっかけは?

言語聴覚士が就職を考える時、大きく分けて成人領域、小児領域、聴覚領域の三つの分野でどこにしようか悩みます。私は小児領域の特に言語訓練がやりたかったので、求人情報に小児訓練と載っているのを見てすぐに問い合わせをさせていただきました。
お話を聞くと小児だけでなく成人領域の嚥下訓練も行うということで、歯医者さんという変わった環境ではありますが、私はどうせなら人とは違うことをしたい、面白いことがしたいという思いもあったので志望しました。

言語聴覚士になってよかった!と思うのはどんなとき?

訓練がうまくいって患者さんの状態が良くなった時や、患者さんとそのご家族様から「あなたにぴったりの仕事ね」と言ってもらえた時です。また、始めはコミュニケーションも取れず訓練拒否の強かった方が話をしてくれて訓練もしてくれるようになったときはとてもうれしかったです!!

"みんなの歯医者さん"の好きなところを教えて!

スタッフの仲が良くみんなで助け合えるところです。私はまだ助けてもらってばかりですけども…。困ったときには飴と鞭を使いこなして自分が成長できる方へ導いてくれます。

仕事をする上で、どんなことを心がけていますか?

往診で接する患者さんは全員自分より30歳以上年上の方です。壁を感じさせないよう柔らかい態度をとりながら、あくまで年配の人と接している意識を忘れず馴れ馴れしくなりすぎないよう心がけています。院内における小児の訓練では、子供が訓練に慣れるよう笑顔で優しく接しますが、子供になめられないようメリハリをつけて行うようにしています。

みんなの歯医者さんに入社を希望されている方へメッセージをお願いします!

"みんなの歯医者さん"は、自分のやる気さえあればどんどん新しいことにチャレンジし、知識や経験を身に着けていける職場です。言語聴覚士は一人で、専門的な知見をもったアドバイスや訓練方法を教えてくれる先輩がいませんが、とても博識で経験もある院長先生や歯科衛生士さんが知らないことをたくさん教えてくれたりアドバイスしてくれたりします。また、勉強会にも行かせていただくことができます。自分が成長するチャンスが用意されているとても働きやすい職場です!

「あなたにぴったりの仕事ね」と言ってもらえた!